横浜銀行カードローンの注目すべき点、注意すべき点。

今はさまざまな銀行カードローンがあり、けっこう人気なのですが、銀行カードローンの中でも、もっとも注目されているのが、横浜銀行カードローンなんじゃないでしょうか。

注目される理由を考えればいくつでもあげられると思いますが、やっぱり一番は、借入限度額の最高額が800万円という高額なところ。それから金利が3.5%から14.6%と低いところが嬉しいですね。

もちろん、最近ではけっこう騒がれている総量規制。すなわち、年収の三分の一を超える借入はできないという規制ですね。横浜銀行カードローンも銀行カードローンですから、この総量規制対象外となります。

まだまだメリットはある。複数のローンを一本化するおまとめローンも利用できるし、借入限度額が300万円までなら収入証明書の提出はいらないとか、けっこう嬉しいですよね。

しかし、やっぱりデメリットと言える点もあるんです。たとえば、この横浜銀行カードローンを利用できるのは、神奈川県と東京都内、それから群馬県の前橋市、高崎市、桐生市に在住の方、もしくはこの地域に勤めている方に限られているんですね。

横浜銀行は、いわゆる地方銀行だから仕方ないことですが。でも、それ以外には大きなデメリットは見つかりません。

静岡銀行カードローン セレカの特徴

静岡銀行カードローンのセレカは、地方銀行のカードローンになりますが全国から申し込みが可能です。銀行では珍しい即日融資にも対応しています。

ただし、インターネットで申し込みを完結させたい場合は、免許証が必要となります。免許証がない場合は、郵送のやり取りとなるので即日融資は不可能になります。

300万円までの融資では収入証明書は不要となっており、早い方では最短30分で審査が終わり融資可能になります。もし、審査が不安な方はホームページに5秒借入診断があります。年齢、前年度年収、他社借入金額入力で簡単に仮審査結果がわかります。

金利は4.0~14.5%の設定なのに高すぎない設定ですが銀行カードローンにしては少し高いと思います。

しかし、静岡銀行カードローンは、返済額が月々2000円からなので無理なく返済が可能になってます。キャッシュカードとローンカードの一体型なので口座に返済額を入れとくだけで返済出来るので使い勝手はいいカードローンです。

もちろん、全国指定コンビニATMから利用可能なので融資も返済も手間がかからず出来ます。

銀行系のカードローンなので総量規制対象外になります。その為、専業主婦や収入が少なめのパートやアルバイトの方でも申し込みが可能なカードローンです。

アプリで簡単申込みができる新生銀行カードローン「レイク」

新生銀行カードローン「レイク」はテレビのコマーシャルでも目にしますが、その申込み方法がとても簡単です。

レイク公式アプリ「新生銀行L」が誕生し、初めての申込みから会員サービスまで携帯、スマートフォンでできてしまいます。

申込み時に必要な書類も携帯のカメラで写真を撮って送信するだけで済んでしまいますので、契約の手続きまでアプリで完結できてしまうのです。

レイクはとにかく審査が早いので、平日の14時までに申込みと必要書類が確認できれば、即日借り入れもできます。

また、初めて利用する方に限り2つの無利息ローンが用意されています。一つめは、1-200万の借り入れの場合、借り入れ額の5万まで180日間無利息というもの。もう一つは、借り入れ額全額30日間無利息。

どちらか一方だけ選ぶことができ、借り入れ期間や額によってどちらがお得かは変わりますので、よりお得な方を選びましょう。ウェブ上でもシミュレーションできるようになっています。

申込み後は、レイクのカードを持ち歩かなくても、携帯での会員サービスで手続きできますので、借り入れ金が金融機関の口座に振り込まれるという手軽さです。

返済方法も多く、ウェブ返済、レイクATMでの返済、口座からの自動引き落とし、提携ATM、銀行振り込みから、時間や都合に合わせて選ぶことができ便利です。