銀行カードローンの審査基準は大きく3つ!

「銀行カードの審査って厳しいんでしょ…」
「審査に通るかやっぱり不安だ…」

あなたもこんなことで不安になってはいませんか?

もしあなたが銀行カードローンの審査に一発で通りたいのであれば、今から紹介する3つの基準を満たすことが大切です。

 

画像

銀行カードローンの主な審査基準!

1.安定した収入がある
2.借入件数が少ない
3.返済履歴がキレイ

>>3つ全てOKなら今すぐ審査!<<
↑詳細は今すぐクリック!↑

 

実は今紹介した3つの審査基準さえクリアしていれば、あなたも銀行カードローンの審査に通ることはできるんです。

もちろん、具体的な審査基準や細かい審査条件などは、各銀行によって違います。

ですが、基本的に今紹介した3つの条件さえクリアしていれば、あなたも今日中に借りれる可能性がとても高いと言えるんです。

今から詳しい審査基準についても解説していくので、面倒臭がらずしっかりと読み進めていって下さいね!

 

銀行カードローンの審査で大切な3か条!

さっき紹介したとおり、銀行カードローンの審査条件では

1.安定した収入
2.借入件数が少ない
3.返済履歴がキレイ

この3つの条件がとても大切になります。

ただ、この3つの条件だけでは、具体的な数字がなくて分かりにくいですよね?

そこで、具体的な審査対策と一緒に、目安となる年収なども紹介するので、ぜひチェックして下さい。

 

1.安定した収入とは200万円以上!

銀行カードローンの審査で一番大切なのは「安定した収入があること」です。

この「安定した収入」の目安は、各カードローン会社にもよって異なりますが、銀行カードローンは200万円以上あれば審査も有利になりやすいです。

ちなみに、年収が200万円未満でも問題はありませんが、その場合は限度額が低くなる傾向にあります。

ただし、年収が200万円未満でも、あなたが正社員や契約社員であれば審査も見直してくれる可能性が高いです。

それと、年収を申告するときは、手取り年収ではなく額面の年収を申告するのがおすすめ。

あなたの年収を少しでも高く見せて、返済能力の高さをアピールしていきましょう!

審査対策のポイント!
・年収の目安は200万円以上!
・正社員や契約社員だと審査も有利に!
・手取り年収ではなく額面年収で申告する!

 

2.借入件数は4件以下にする

「借入件数が少ない」ことも銀行カードローンの審査ではとても大切です。

確かに、銀行カードローンは年収の3分の1以上を借りれる「総量規制対象外」のカードローンですが、借入件数が多すぎる人には審査も厳しくなりがちです。

目安として、借入件数が4件以下だと審査でもプラス評価につながりやすいと言われています。

借入件数としてカウントするものとしては、

・クレジットカードのリボ残高
・他社カードローン
・信販会社の分割代金
・携帯電話の分割代金 など

これらの項目が4件以下であれば、あなたも審査に通る可能性がとても高いと言えます。

クレジットカードなどは持っている枚数ではなく、リボ払いの件数や残高の合計が重要となります。

ちなみに、家や車のローンは借入件数に含まれないので、申告する必要はありません。

銀行カードローンの審査に落ちる人の一部には、こうした借入件数が多すぎることが理由で審査に落ちることもあるので注意して下さいね。

審査対策のポイント!
・借入件数は4件までが理想!
・リボ払いや携帯の分割払いに注意!
・住宅ローンなどは含めない!

 

3.過去2年間で滞納がない

最後の審査基準として大切なのが「返済履歴がキレイ」ということです。

この返済履歴と言うのは、カード類や住宅ローンなどの支払いで、未納や滞納がないかがとても大切になります。

・カードローン
・クレジットカード
・住宅ローン
・マイカーローン
・教育ローン(奨学金)
・携帯の分割代金

もしあなたがこれらの支払いで滞納や延滞が1度もなければ、銀行カードローンの審査に通る可能性はかなり高いと言えます。

理想としては過去2年間の間に1度も滞納がなければ、審査評価としてはかなりプラス評価になると言えますよ。

審査対策のポイント!
・カード類の支払いで滞納がない
・2年間の支払いで滞納がない
・少なくとも過去3ヶ月分はキレイにする!

 

銀行カードローンの審査対策のまとめ!

今回は銀行カードローンの審査対策として、大きく3つに分けて解説をしました。

 

画像

銀行カードローンの審査対策のポイント!

1.安定した収入とは200万円以上!
2.借入件数は4件以下にする
3.過去2年間で滞納がない

 

もしあなたがこれらの条件を全て満たしているのであれば、銀行カードローンの審査でキャッシングできる可能性がかなり高いと言えます。

あなたも今すぐできる審査落ち対策とは?

ちなみに今紹介した3つの審査のほかに、なたも今すぐできる審査落ちの対策があります。

それが「限度額を10万円以下にして審査を申し込む」方法です。

実は銀行カードローンの場合、初回審査が厳しい傾向にあるんです。

そのため、限度額を50万円や100万円と言った高すぎる金額で審査を申し込んでしまうと、審査に落ちやすくなってしまうんです。

 

画像
カードローン審査では

1.限度額を10万円にして申し込む。
2.あとから増額審査で枠を広げる。

初回審査が厳しいからこそ、
この方法で借りるのがベスト!

 

なので、銀行カードローンで審査を申し込むときは、まずは10万円などの低額で申し込んでおき、

利用実績を積み重ねていきながら、枠を少しづつ広げていくのが一番確実なキャッシング方法だと言えます。

 

なかでも三井住友銀行カードローンなら、審査に通過した翌日から増額審査を申し込めるのでおすすめ!

しかも「口座開設なし・低金利・即日融資OK」なので、あなたも安心して今すぐ借りることができますよ。

三井住友銀行の公式サイトでは毎月の返済シミュレーションも無料で使えるので、今すぐチェックして下さいね!

>>三井住友銀行の公式サイトはこちら!<<
↑詳細は今すぐクリック!↑

 

おすすめの銀行カードローンのまとめ!

最後に、おすすめの銀行カードローンを一覧にしてまとめました。

銀行カードローンを比較する時のポイントとして、

1.金利は高い方でいくらか?
2.ATMの手数料はかかるのか?
3.口座開設は必要か?

この3点を基準にして選んでいくと失敗が少ないです。

また「すでにその銀行の口座を持っているか」も一つの判断基準として持っておくと、審査の手続きもスムーズになりやすいのでおすすめです。

ちなみに三井住友銀行カードローンなら、口座開設なしで即日キャッシングができるのでとてもおすすめ。

手数料が無料になる提携ATMの数も多いので、あなたも安心して利用することができますよ。

 

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンは、口座開設なしで即日融資ができる優秀なカードローン。

多くの銀行カードローンは口座開設を条件にカードを発行しますが、三井住友銀行カードローンは銀行の口座開設が必要ありません。

しかも提携のATM手数料が0円になるところが多く、毎月のちょっとした利用のときに手数料を気にせず使えるのはとても大きなメリットです。

さらに毎月の金利も低金利で安心して使えるだけでなく、毎月の返済の相談も気軽にできるので、老若男女問わず人気の高いカードローンですよ。

三井住友銀行カードローンの特徴!
・口座開設なしで借りれる
・即日融資にも対応している
・手数料0円の提携ATMの数が多い!

>>三井住友銀行カードローンの詳細はこちら!<<

 

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは、低金利かつ高い限度額で使える優秀なカードローンです。

特にエグゼクティブプランで金利が適用されれば、年率3.0%~7.0%で借りることができるので毎月の返済もムリなく続けられます。

また、すでにみずほ銀行で住宅ローンを組んでいれば、カードローンの発行を条件に、住宅ローンの金利が0.5%も安くなるサービスまであるんです。

そのため、すでにみずほ銀行で住宅ローンを組んでいる場合にはとてもおすすめ!

提携のATM手数料が0円になるサービスもあるので、みずほ銀行利用者にはとても人気があるカードローンですよ。

みずほ銀行カードローンの特徴!
・限度額が最大で1,000万円!
・住宅ローンが安くなる!
・提携ATMの手数料が0円!

 

 

静岡銀行カードローン

静岡銀行カードローンは、実は知る人ぞ知る、とても優秀なカードローンなんです。

金利は年率4.0%~14.5%ととても安く、メガバンク系のカードローンと大きな違いがないんです。

しかも審査も最短即日融資、月々の返済は2000円~でOKとサービスも充実しているのが大きなポイント!

また、審査対象が全国に対応していているので、あなたが日本在住であれば審査を申し込むことができるんです。

静岡銀行カードローンならキャッシュカードと一体型のカードなので、お財布に入れていてもキャッシングしていると気付かれにくく、安心して利用することができますよ!

静岡銀行カードローンの特徴!
・審査対象が全国!
・低金利で借りれて便利!
・キャッシュカードと一体型で安心!

 

>>静岡銀行カードローンの詳細はこちら!<<

 

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンは月々の返済が7000円~利用できる、計画的に使えるカードローンです。

ネットバンク系のカードローンなので、融資完了までに最短で2営業日近く掛かってしまうのが難点ですが、提携ATMの数が多いのは魅力的です。

また、毎月の返済も1000円単位で返済することができるので、小まめに返済をしたい・少しでも早めに返済をしたいなど、返済の調整がしやすいのも大きなメリットです。

オリックス銀行カードローンなら最大300万円まで収入証明書の提出なしで審査に通るので、手元に給与明細などがない時にはとてもおすすめですよ!

オリックス銀行カードローンの特徴!
・毎月の返済7000円~でOK!
・1000円単位で返済できる
・最大300万円まで収入証明書不要!

 

>>オリックス銀行カードローンの詳細はこちら!<<

 

銀行カードローンで良くある質問?

即日融資をすることはできる?

選ぶ銀行カードローンによっては即日融資はできます。

ただし即日融資を希望する時は、早めに申し込まないと翌営業日以降での融資になることも多いので注意が必要です。

また、銀行口座をすでに開設している場合は、即日融資ができるカードローンも多いです。

詳しくは各銀行カードローンの公式サイトを比較してみて下さい。

 

金利はどれくらい安いの?

一般的な消費者金融と比べると、3~5%くらいは金利が安いところが多いです。

一般的な金利の比較として

・銀行カードローン…3.0%~14.5%
・消費者金融…4.5%~18.0%

限度額が10万円くらいであれば、毎月の利息差は300円くらいにしかなりませんが、限度額が100万円になれば利息差が3000円にまで広がるので、意外とバカにできません。

 

毎月の利息はどれくらいなの?

仮に10万円を年率14.5%で借りた場合、1か月の利息は約1208円となります。

10万円×14.5%÷12か月=約1208円

銀行カードローンなら毎月の返済の相談も気軽にできるので、もし返済に困った時も気軽に相談できて安心ですよ。

 

借り換えできるってホント?

銀行カードローンなら限度額が高く、金利が安いので借り換えやおまとめ目的で利用する人がとても多いです。

ちなみに借り換え目的で審査を申し込む場合でも、初回の限度額は10万円くらいの低額で申し込むのがおすすめ。

借り換えやおまとめ目的でも、借りたお金を他社カードの完済に充て、ゆっくりと1本にまとめていくのが基本となります。

借り換えを利用するときは、審査申し込み後に各銀行カードローンのオペレーターに相談すると色々とアドバイスを受けることができますよ。

 

銀行カードローンの保証会社はどこなの?

銀行カードローンにおける保証会社は実はさまざまです。

消費者金融が保証会社になっているところもあれば、オリコなどの信販会社が保証会社になっているケースもあります。

また、オリックス銀行カードローンなどは保証会社が2社ついているので、どちらかの保証が取れたらキャッシングできるという特徴もあります。

 

銀行カードローンでも在籍確認ってあるの?

基本的にはあると思っておいてください。

ただし、審査に時に「会社に電話をかけるのを辞めて欲しい」と相談をすれば、何らかの形で対応してくれるケースもあります。

また銀行カードローンがあなたの勤務先に電話をかけるときは、銀行名で電話をかけることが多いので、カードローンの審査とは気づかれにくい場合がほとんどです。

それでも不安なときは、審査を申し込んだあとの本人確認の電話のタイミングで相談をしてみて下さい。

 

もしも審査に落ちた場合は?

まずは落ち着いて審査に落ちた原因がないかもう一度振り返ってみて下さい。

このサイトでも銀行カードローンの審査基準を解説しているので、もう一度読み返して頂けたら幸いです。

銀行カードローンは審査基準さえ満たせば、あなたもちゃんと通るので諦めずに申し込んで下さいね!

 

審査に通りやすい人の特徴は?

審査に通りやすい人の特徴としては、

1.同じ会社に長く勤めている
2.カード類の支払いで滞納がない
3.1枚のカードで支払いを済ませている

こういった特徴がある人が審査に通っている傾向にあります。

ちなみに、パートやアルバイトの人でも、十分な安定収入があれば審査に通っている人は意外と多くいます。

また選ぶ銀行カードローンによって審査基準は異なるので、1社1社順番に審査を申し込んでみることも一つの方法です。

 

逆に審査に落ちやすい人の特徴は?

逆に審査に落ちやすい人の特徴としては、

1.短期間に何社も申し込んでいる
2.カード類で滞納や未納が多い
3.職業を転々としている

これらの場合は審査に落ちやすい傾向にあると言えます。

特に短期間で何社も審査を申し込んでしまうと、一時的に審査に通りにくくなってしまうので注意して下さい。

目安として審査を申し込むのは1か月に3社までにして、1社1社申告内容にミスがない様に申し込むようにしましょう。

 

審査に年収は関係あるの?

実際のところ、そこまで大きな影響はありません。

むしろ銀行カードローンでチェックされているのは、年収の高さではなく、返済実績の高さを評価していると言われています。

そのため、あなたのカード関連の支払実績や、借入件数の少なさなどが評価にプラスなることが多いです。

もちろん年収が高い方が審査も有利になりやすいですが、年収の高さだけで審査が決まるわけではありません。

・勤務年数の長さ
・支払いがキチッとしている
・借入件数が少ない

これらの条件を満たしていれば、あなたも銀行カードローンの審査に通るチャンスは十分にありますよ。

また銀行カードローンによって審査基準は違うので、2社目では違う審査結果がでることも珍しくありません。

 

おすすめの銀行カードローンはどこ?

銀行カードローンを選ぶ基準としては、

1.金利は高い方でいくらか?
2.ATMの手数料はかかるのか?
3.口座開設は必要か?

この3つを基本にすると失敗が少ないと思います。

詳しくは銀行カードローンの特徴を比較したページがあるので、そちらを参考にして下さい。

また、特にこだわりがなければ三井住友銀行カードローンを選んでおけば失敗は少ないかと思います。

三井住友銀行カードローンなら「低金利・口座開設なし・即日融資」ができるので、今すぐ借りたいときにもとても便利。

しかも手数料が0円になる提携ATMの数がとても多いので、あなたも安心して利用することができますよ。

今なら、毎月の返済シミュレーションも無料で使えるので、三井住友銀行の公式サイトでさっそくチェックしてみて下さいね!

 

>>無料の返済シミュレーションはこちら!<<
↑詳細は今すぐクリック!↑